なんちゃってヤンニョムでお腹も元気に




今朝はすっかり涼しくて。

緑の麻に白い花の刺繍がある大きなシャツを取り出して。

お昼頃までソックスなんかもはいてました。

起き抜けに西瓜のジューシーな味わいをたっぷり楽しむのはまだ続いてますけどね。



DSC_0206.jpg




キムチ用の唐辛子粉とアミの塩辛という強力なコンピが手に入ったので。

なんちゃってヤンニョム作りました。

深底の小さな密閉容器に唐辛子粉をザックリ目分量で。敢えて言うなら200グラム程度。

それにアミの塩辛はエキス汁も含めて150グラム強。

後は。玄米粉の代わりに玄米をそのまんま。

ニンニク、ショウガ、林檎、玉葱の擦り下ろしたの。

黒砂糖、海塩、昆布、ナンプラー。

じゃが芋の粉もちょっと入れたし。

勿論。自家製玄米乳酸菌液も投入。

人参の細めの千切りと葱の青い部分の小口切りも。



DSC_0208.jpg




混ぜたら即使えますけど。

常温で一日置いて。

その後冷蔵庫でゆっくりと一週間ほど。

充分に発酵すると更にリッチな味わいになる予定。

蕪、大根、胡瓜なんかに塩して水気を切ってこのヤンニョムを絡めれば滋味深いキムチ風の出来上がりですが。

今日はグリルドポークを細切りにしたのに絡めてみました。

胡瓜キャベツなどの千切り野菜と合わせていただくと滅茶美味しゅうございます。










スポンサーサイト

あなたがそんな表情を見せるとは思わなかったよ




地下鉄とかバスとかに。

走りこんだりしてギリギリ乗ろうとしたけど。

目の前でドアは閉められてしまった。

そういうときの当事者の表情には見るべきものがありますね。



DSC_0201.jpg



また。

その場合。閉めたドアを再度開けて。

乗せてくれるかどうかは。

勿論そのときの交通状況なども加味しての判断でしょうけれども。

何とか乗せて欲しいというオーラの力技の効かせ方にもかかっているだけでなく。

かなり大きな決定の要因となるのは。

何とか乗せて欲しいと願う乗客と。

一旦閉めたドアをもう一度開けるべきかどうか判断する運転者の。

双方間のケミストリーの在り方みたいに見えるので。

傍観者としては見逃せない瞬間なんですが。



DSC_0202.jpg



で。まあ。

それらの総合的状況の結果として。

結局のところ。

再度ドアが開けられることはなかった場合。

つまり。頑張ったのに乗れなかったときのリアクションなんですが。

これまた当然のことながら各人各様ではある訳ですが。

多勢ではないものの。

日本人の定番リアクションと言われたりしている照れているとも自嘲しているとも。

いろいろにとれるアノ不思議な笑顔を浮かべるというのが。

ここブカレスト市民の中にも見られということを。

私の細々と。しかし息長く?行われている調査で発見しました。



DSC_0204.jpg



最初に遭遇したときには。

相当フツーでないケースに当たったのかも知れないと思ったんですが。

意外とそうでもないんですよね。

これについて分析も評論もするつもりとか全然ないんですけども。

そういう現場でワタクシは。

いつもちょっとホッコリした気分になってます。






このヒトと気が合うみたいな





どこかからアドラーの言葉の切れ端が飛んで来る度に思うんです。

私とおんなじ考えだわってね。w ←言っちゃいましたねー。



adler.jpg



↑講義中に撮ったのでしょうか。

この写真が有名だし。カッコイイ。

いろいろ疎いので知りませんでしたが。

もう随分前から日本でもブームらしいですね。



3.jpg



で。当然。反論とかも出てたりするようで。

アドラー心理学を日本に広めた岸見さんの。

反論はいいけど誤解はちょっとねっていう記事を貼っておきます。

赤文字をクリックすると疑問に思っていたことが解決されるかも知れないのでお勧めです。


誤解してる可能性を潰すにはこの記事を読んでみるのがお勧めです



この方と。

お茶したりしたら楽しいでしょうかねえ。

そこは微妙ですね・・・・って。

考える必要とかないですけども。




ユルふわ冷房都市いいね!




この夏。ウイ子史始まって以来の出来事と言えば。

袖なし短パン的超夏型軽装で出歩いてるってのがあります。

冷房に非常に弱いので。

真夏でも長袖をテキトーに捲り上げてるとか。

羽織物を必ず持ってるとか。

冷房対策は欠かせなかったんですが。これまで。



DSC_0183.jpg



今夏。目覚めて?切り替わったのです。

袖のある服なんぞ着ていられない暑さだし。

冷房が入っていても。入り方がヤンワリなので。全然寒かったりしないという事実に正面から向き合えたってところでしょうか。

エレガントより実利を取ったとも言えますけどね。

些末なことだけれども。

自分としては画期的で。

なにより。主観的な自分を希通りに常に変えて行きたいと願っているので。

「個人的に」かなり喜んでいます。



DSC_0188.jpg





市内。地下鉄は冷房してます。

トランバイは稀に最新車両に当たれば冷房しているのもあるのではないでしょうか。

バスは50%くらいの確率で冷房してます。

バキバキに新しいオフィスビルとか。

モールなんかは勿論冷房ありますが。全体にユルフワです。

私でさえも。

もうちょっと強くしてもいいのじゃないかって思うくらいにです。

この夏。一回だけ。ちょっと寒いなあって思ったことがあったんですが。

それは友人宅のリビングでのことでした。













しっかり残暑厳しめのブカレストです




まだ。だから?西瓜にもトマトにも。きっぱりサヨナラできません。w

なんだか頭の中がゴチャゴチャなときはクッキングチャンスということにしています。

在るモノをテキトーに調理しながら。

緩く考える時間が結構自分には役立ちます。



DSC_0178.jpg



ついでに食生活がチョイ豊かになるのでお得だし。

いつものように。スープストックを根菜とチキン+ポークで作るだけでなく。

セロリと胡瓜も八角と唐辛子でパンチを効かせた甘酢漬けに。

手持ちの焼き皿に日本では米茄子とか言ってる感じの。

大きくて丸みのある茄子を押し込んでオーブンで焼き茄子も作ります。とかとか。



DSC_0177.jpg



茄子は。大体40分くらいで竹串がスーッと入るように焼き上がるし。

ナイフとフォークでシャシャッと簡単に皮が剥けるので簡単です。

ですが。上出来の焼き茄子に。

生姜醤油とか。そこにニンニクとナンプラーも足したのとか。ジャン味噌とか。いろいろ試してみたけど・・・今一つ・・・。

私。茄子も卒業なのかも知れません。



DSC_0179.jpg



数年前から。突き詰めて好きじゃないみたいな食材は。

自分の餌リスト?から卒業という形で外すようにしています。

そんなに幅広くいろんなものを頑張って食べる必要ないって思っているのでね。

ストイックな訳ではなく。

その分。好きなモノだけ沢山食べてる感じですね。

そうしているうちに以前から較べると日常的には食べないモノが随分増えましたが。

そのうちのかなりの部分が。機会があって食べても全然感激しないだけでなく。

むしろキライな噴霧器になってきています。

これはちょっと不思議ですね。






uikoshop
プロフィール

ウイ子

Author:ウイ子
ウイ子です。


ブログは新米です。
ネット歴もないです。
文章は下手です。
常識はないです。
バカです。
調子もんです。
歳はわりととってます。
気持ちはひしゃげてます。
よろしくです。

只今ルーマニアはブカレストに棲息中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
uikoshop
uikoカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop