知ってた?





(^∇^)ノ




人工透析はドル箱

糖尿病の地獄…病院「透析患者は固定収入だからもっと増やせ」 不必要な認定で患者量産

現在、日本では人工透析を受けている患者さんは30万人以上にも上り、その数は人口比から見て諸外国に比べてあまりにも多い。まさに「人工透析天国」である。ただし、これは医者側から見た話で、患者さん側から見たらある意味で「地獄」である。

この人工透析患者さんの激増には、もうひとつの大きな理由がある。それは、人工透析患者が病院にとっては「ドル箱」だからだ。診療報酬の改定は2年ごとに行われ、病気の点数は変わるが、人工透析の点数はかなり高い。病院にとっては、点数の高い患者が多ければ多いほど儲かるのである。

 しかも、透析患者は、透析をやめれば死に至るので“永遠のリピーター”である。治らないのだから、病院にとっては永遠にお金を落としてくれるお客さまというわけだ。

 そのため、本当に人工透析が必要かどうかを吟味せずに、透析患者として認定してしまうケースが後を絶たない。これが、人工透析患者30万人以上の本当の原因といっても過言ではないのだ。ある都内の病院の医師がこう語る。

「うちの病院では、透析患者さんのことを“定期預金”と呼んでいます。理事長は『透析患者は“固定収入”だから、もっと増やせ』と医者に指示しています」

 そもそも現在の人工透析の基準自体が曖昧だから、こういうことが起こる。人工透析が必要かどうかは、腎機能、臨床症状、日常生活の障害の程度を点数化して、合計60点以上なら人工透析が必要とされる。

 しかし、日常生活の障害の程度というのは、医者のさじ加減でどのようにも評価できる。だから、人工透析をしなくても日常生活の指導で腎不全を予防できる患者さんに対しても、人工透析を行ってしまうのだ。
 
 必要もないのに、人工透析患者にされてしまった患者さんは、はたしてどれだけいるだろうか。

 こうした事態を防ぐには、人工透析が必要と診断されたら、必ず「セカンドオピニオン」を受けることだろう。医者の言うことを鵜呑みにしてはいけない。
(文=富家孝/医師、ラ・クイリマ代表取締役)

MSNニュース記事より抜粋




(*`・з・´)(*`・з・´)(*`・з・´)



あの紀伊国屋書店で!先行販売!!!



「魂のメッセージ」というより 「究極のメッセージ」です
あるいは 「最後のメッセージ」 になるかもしれません
飯山一郎の世界
紀伊國屋書店が,飯山一郎の著書を 先行販売! 画期的な商法だ。


紀伊国屋書店先行発売


先行発売の書店は以下の三店です。
● 紀伊國屋書店 新宿本店
● 紀伊國屋書店 横浜店 (横浜には三店の紀伊國屋書店があり、そごう百貨店7階の店舗です)
● 紀伊國屋書店 梅田本店
売り切れ御免になります。御免なさい。
あとは22日以降に再入荷となります。
定価は,1620円です。









イカやタコじゃだめ

先日、起きたら喉が腫れてて。

微熱もある。

があ~ん!

そこへタイムリーにレスキュー情報をもらったので。
あ。そうだよねえ、なんで思いつかなかったのかしらと早速。

大口を開けて喉奥に乳酸菌液をスプレーしたあとに
指先にとったジェスクの塩を
腫れてる部分に塗り込みました。




ビンゴ!な位置に指が届いたかはビミョウ。
コレ結構ムズカシイ技な気がしました。

それでも不快だった喉に
乳酸菌液と塩が拡がっていき
痛みがひいていくのが実感でき。

気が付くと
バリバリに固まっている身体。
血行が悪くて調子がいい訳ない!
なんとかしなきゃってことで
遅まきながら苦手のストレッチも頑張って。

豆乳ヨーグルトとあらびき茶はたっぷり。
食事は身体の温まるものをちょっぴり。

今日、養生していられるってことに感謝して
眠れるだけ眠って。

そうして本日、起床時、微熱なし!

復活できた感じです。

ちょっといろいろぬかっちゃってました。(ノ´▽`*)b☆


今すべきことは,病気にならないこと! 病気になっても直ぐに治るカラダづくり


ですよね。
油断してちゃダメ。


人間はイカやタコではないのだから,ヤワヤワと軟弱な生き方ではなく,ビシッ!と,決心と覚悟を固めて,寒天・オリゴ糖・豆乳ヨーグルトづくりを始め


ましょう!




ありがとう!300番

まりりんじゃんぷ


!!!

もうすぐ300

オードリー


で~すっと。







ですです。





ねっ。







番記者というポジション





こうなってるんですねえ。
いま。





どうでもいい話

安倍首相が反論「妻がパートで25万円とは言っていない」
The Huffington Post | 執筆者: Huffpost Newsroom

安倍首相は、1月8日の国会答弁で「安倍家の収入」の例え話をした際に、パートで働き始めた妻の月収を「25万円」と受け取られたことについて、「妻がパートで25万円とは言っていない」と反論した。

1月12日の衆院予算委員会で、民主党の西村智奈美議員の質問に対して、安倍首相は次のように答弁した。

「私の答弁の答弁書を正確に見てください。いいですか、パートということを申し上げたのは、いわば一人当たりの実質賃金が下がっているではないか?ということの説明において、景気回復局面において今まで働いていなかった所得がゼロだった人たちが働き始めると。その中においては、パートから働き始める人がいますよと。私と妻との関係では、私が50万円で、妻がパートで25万円とは言っていません。パートというのは前の説明でしょ」

西村議員は「総理は『雇用が増加する過程において、パートで働く人が増えていく』『一人当たりの平均賃金が低く出ることになるわけだ」と明確に答えているわけですよ。文脈がそういう風に受け取れる」と、安倍首相の発言を追及していた。

■安倍首相の「パート発言」とは?

1月8日、「民主党政権に比べて、第2次安倍政権の方が実質賃金の減少率が高い」と民主党の山井和則議員に指摘された安倍首相は次のように答えた。たとえ話の中で、パートで働き始めた妻の月収が25万円という文脈でも読めることから、「社会の貧困の実態に無理解すぎる」などと批判する声がネット上で出ていた。

「ご指摘の実質賃金の減少についてでありますが、景気が回復し、そして雇用が増加する過程において、パートで働く人が増えれば、一人当たりの平均賃金が低く出ることになるわけであります。私と妻、妻は働いていなかったけど、景気が上向いてきたから働こうかということで働き始めたら、(月収で)私が50万円、妻が25万円であったとしたら、75万円に増えるわけでございますが、2人で働いているわけですから、2で割って平均は下がるわけです」



ハフィントンポスト より。
画像は省きました。


平然と生きるために






寒天とオリゴ糖も揃えよう。


あとはいつものアレとアレだけ。



uikoshop
プロフィール

ウイ子

Author:ウイ子
ウイ子です。


ブログは新米です。
ネット歴もないです。
文章は下手です。
常識はないです。
バカです。
調子もんです。
歳はわりととってます。
気持ちはひしゃげてます。
よろしくです。

只今ルーマニアはブカレストに棲息中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
uikoshop
uikoカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop