去年の今日は寒かった!




もう暖かいのなんのって。

日中20度越えとかですものね。

去年の今日はこんなに暖かくなくて。

まだ温水暖房されてる部屋から、それより格段に寒い戸外に出ていく感覚が掴めなくて。

毎回、外出先で震えてましたっけ。



DSC_0552.jpg





ジモティでも4月を過ぎてまで。

毛皮の縁取りのあるコートのフードを被っていたりしていて。

5月に入って漸く寒くないんだって実感できたのですものね。

もちろん早めに暖かくなったのには異議なしです。

あっちもこっちも花盛り。

この。よく見ないと桜かと思ってしまう花はなんという名前なのでしょうか。

桃だと決めつけてしまおうとしましたが今ひとつ正しい気がしない。




DSC_0555.jpg




暖かくなると(実は真冬から)アイスクリームなんかが恋しいのですが。

数年前に牛乳を卒業してしまってから。

乳製品は。それが正しい乳製品であればあるほど。ちょっと苦手。

そんな私に救いの手?



DSC_0550.jpg



このドイツ系スーパーのベジアイスが。

かなり許せる感じなのです。

そのスーパーの帰り道に。

いっつも長い行列のできてるパン屋さんがあって。

なのに今日に限って。列がなかったので。

寄ってみました。

すごい人気なんですが。っていうか。だからかな。

もう今更どんなパンがあるのか知らない人なんて来ないんで。基本的に。

見えるところにパンが並べてあったりもしないので。

何買ったらいいのかわからないんです。ヨソモノにはね。

でも窓口の脇に。

パンの名前と値段の表みたいのがあったので。

一番上のを頼むとなかった!

どうせどれだっていいので。その下の文字を出鱈目読みして。

あっという間に出来てる行列の真後ろの人に。

目線で合ってる?って尋ねると。

そうそう。と肯定の目線が返ってきて。

初めて念願の?人気店のパンにありつきました。



DSC_0549.jpg



焼き立てのパンを千切ったのを口に放り込みながら。

のんびり歩道を歩いて。

中学生くらいの男の子がたむろしている真ん中をすり抜けて広い道を渡ります。

すり抜ける瞬間にそのうちのひとりが。

「こんにちは」って。

キュートなリズムで小さな声でね。

私は正しいイントネーションで低い声で不愛想に。

「こんにちは」って返して。

渡る途中のグリーン地帯で赤信号で止まったから振り向いてみると。

盛んにこちらを見て盛り上がっているので。

親指立てて。ショウアップ。

去年とまったく違うのは。気温だけじゃありませんね。w






スポンサーサイト

捕まりたかったらロマーナのマックへ




どこで待ち合わせる?

ロマーナのマックでどお?

知ってるでしょ?

そうだよね。日本人はみんな知ってるよね。アソコ。

だからねえ。

日本人を探すときはマックに行くよ。

高率で見つけられるからね。

かく言うそのヒトと。

私が出会ったのも。そのマックでした。




DSC_0502.jpg




じゃあアレってヤラセ?って訊いてないけど。w

USBケーブル忘れて来ちゃって、、、ちょっと貸して貰えない?って声を掛けられたのがキッカケ。

それからイロイロ話してみた結果。

取り敢えず私たちには一緒にナニカ出来るとか。

どちらかが何かを振ってあげられるとかって。

今はない感じってわかったんで。

そのまま「知り合い」なんだけど。



DSC_0528.jpg



そういう訳らしいので。

「捕まりたい」場合には。

逆網張ってみるのもアリかも知れませんね。

もちろん。

捕まったまま、どっかに売られちゃったとかいうことにはならない自信のあるヒト限定ですけども。w



DSC_0527.jpg




実際、いろんな意味で。

ロマーナのマックに限らずマックって便利なので。

マックが目に入るとホッとしますね。

電源とトイレ問題オッケー!ってことだから。o(^▽^)o









スワロフスキーは蜜の味、、、じゃなくて味の素




ブルガリアと言えば薔薇なのだそうで。

お土産品も薔薇グッズが一押し。二押し。

という状況を見学しようと土産物屋さんを覗くと。

薔薇のオイル、石鹸、バスソルト等々が犇めく横に。

えっ?スワロフスキー!?

箱だとかタグだとかにハッキリとそう書いてある硝子細工のペンダントを発見。




DSC_0547.jpg





カットもデザインも悪くない。

銀色のチェーンもついて二千円以下!

かなり精巧なカットのものもあり。

クリスタルガラスかどうかは不明ですが。そんなのどうでもいいんじゃない?

っていうか。いいんでしょうかねえ?スワロフスキーって書いちゃって。

って思ったんですけど。いいんですね。きっと。

化学調味料は味の素。ティシューはクリネックス。ガーゼ付絆創膏はバンドエイドっていうのとおんなじなんだ。



DSC_0544.jpg




硝子の透明感がこれからの季節にぴったんこな噴霧器ですし。

ブルガリアのガラス細工は歴史的にもなかなかですしね。

二点程気に入ったのがあったので。

さっきからショーケースを開けましょうか?どれか試してみませんか?って言ってくれてる店のヒトに頼んで箱から出しての試着。

ああ!残念!チェーンが私の基準値より長過ぎ!!で無念の断念という悲しい結果に、、、。

お店の対応はとても感じが良くて。

シルバーじゃないですよね?って「スワロフスキー」の台やチェーンのことを訊いたときなんかの。



DSC_0542.jpg




もちろん違いますって答えた目の笑い方なんかにも惹かれましたね。

それで結局。

自分用にバスソルトを連れ帰ってきました。

差し上げるにはあんまりピンクが強過ぎる気がしたから。ひとつだけ。

でもこの香料は書いてある通りに自然な薔薇100%、、、じゃないかもしれないけど。

すごく自然っぽい香りで。

小旅行の良い思い出になりました。











陸路での国境越えを経験してわかった感覚




ルーマニアを出国してブルガリアに入国。

ブルガリアを出国してルーマニアに入国。

パスポートのスタンプが往きにふたつ帰りにふたつと四つも増えて。




DSC_0541.jpg



鹿児島から福岡に行ったみたいな感じなのに。

外国へ行って来ちゃったわけです。

こうやって陸路で国境を越えたのは考えてみると初めてなのでした。



DSC_0539.jpg



たったこれだけのことなんですけど。

経験してみたら自分の中で変わったコトがあります。

うまく纏められないんだけども。

敢えて言えば。



DSC_0540.jpg



複数の国との国境がある国に居るっていうことが。

しっかり実感できたってことかな。

日本人は他国に行くのは何しろ「海外」ですからね。




おっと!「ブルガリアでヨーグルト」だったっけと気付いて話戻ると




ヨーグルトなんですが。

日本でのビールみたいに。

一リットルピッチャーとかあるんですね。

私はお試しで250ミリリットルのを注文。

甘未ゼロのサッパリした味わいなのと。



DSC_0532.jpg



お代わり持って来ましょうか?って訊かれたんで。咄嗟に頼んでしまったので。

二杯飲んだから500ミリリットル。

ふたりでシェアするならピッチャーで全然ちょうどいいってことになりますね。

ブカレスト同様の湿度。つまり乾燥気味なんで水分は必要だし。



DSC_0530.jpg



たぶん皆さんご存知の。

ルセの一番古い教会です。

平日しかもシーズン前特権?でほぼ貸し切り状態で楽しめました。

正教は教会内のレイアウトとかカトリックと全然違うし。

この教会は殊に。装飾の配色なんかに自分的には意外性があったりで興味深く。

踏み込めて良かったです。




ブルガリアでヨーグルト♪





ドナウ河を超えたら対岸はブルガリア。

だから気候もブカレストとそんなに変わらない。

焼き立てパンのお店も。

そっくりそのままみたいな気がしたけどちょっと生地の噴霧器が違うみたいだからちょっと食べてみたい。




DSC_0523.jpg





チーズじゃなくて。

林檎の入ったパンがないかしら。

商品タグを食い入るようにチェックしてみると。

アヤシイのを発見です。

ヤーブラカって書いてあるんでしょコレ。わかんないけどブルガリア語。

でもロシア語に似てるらしいんですよ。ブルガリア語。

ちょっと読み方違うけど。そうなんじゃない?林檎でしょ?

店内に入って言って訊いてみると。

大当たり!

という訳でお昼を食べたばかりなのに林檎パンゲットです。

林檎は林檎でしたが。入っていたのは期待した原型を残した焼き林檎ではなくて林檎ジャムでしたけどね。



DSC_0545.jpg



銀行だとかブカレストにあるのと同じだし。

街並みはむしろニートな感じだし。

それでいて物価が激安。

換算してみる度に驚いてしまうレベル。

中心部のカフェだとかレストランとか物販店とかのオシャレ度はブカレストと同じだし。



DSC_0524.jpg



問題は。

英語は殆ど通じません。

ブルガリア語かロシア語。

ロシア語で話せば大抵のヒトが理解してくれるそうです。

但し返答はブルガリア語で来るケースが殆どらしいです。

まあ。中心部の土産物店だったら英語でオッケーですけどね。

そういう訳で。

キリル文字が読めないと。ちょっとタイヘンかも知れません。

ロシア語併記はあっても。英語併記はないみたいなんで。

ホントに片足突っ込んでみただけの印象だからかな。

ヒトや街の噴霧器は。ルーマニアとどこが違うのかわからないって感じでした。

ただ只。

文字がキリル文字なだけで。だけってことはある筈ないけど。







ビザ更新申請受理の瞬間・また一年宜しくねルーマニア




壁際に設えて並べられた椅子。

その前に置かれたテーブルに。

何枚もの書類を広げて奮闘中のエージェント。

所在なさげにその椅子に腰かけては立ち上がるを繰り返している「外国人」。

入国管理局のビザ申請や住所変更などを受け付ける部屋は空いていて。

閑散と言ってよいくらい。




DSC_0500.jpg




列らしい列ができているのは。たった一つに絞られてるオンライン利用者向けの窓口だけ。

列が見えてなくても。

エージェントだとかコンサルタントだとか言うヒトが。

何人分もの書類を持ち込んで順番取りをしていることもあるので。

ここはなんとも言えないのだけど。

手前の窓口とその向こうの窓口の最後のヒトを確認して後、直観に従って手前の一つを選びます。

後から勢い良く入ってきたエージェント的なヒトが。

列を作ってはいなかったけど。前から待ってた三人組には目もくれずに向こうの窓口に顔を突っ込んでる。

三人組はソフトに身振りで訴えてるけど無力。

そういう「外人」も居るんだなあって眺めつつ。



DSC_0499.jpg



前回の私は。他のヒトが順番を確保してくれてるところに到着して。

窓口前の列に並ぶこともなくビザ申請したのだったなあと思い出します。

それがなんだかんだと一年経って。

今度はひとりで更新申請にやって来たという訳です。

私の前のヒトは。訊きたいことがあっただけだったようで。

すぐに私の番になり。

担当はにこやかな美女で。

書類チェックののち。申請書を渡してくれました。

コレ書き込んだらここに戻って来てねと言って。



DSC_0498.jpg



申請書を壁際の机で書き上げて。再度窓口に並ぶ頃。少しヒトが増えてきてましたが。

程なく窓口に辿り着き。

署名して。両方の人差し指の指紋を採ったら。

写真撮影です。

書類チェックで美女担当官が。「パーフェクト!」って言った途端に張り詰めていたものが解け。

そのあとずっとフニャフニャデレデレだったんで。

変顔で写った感高すぎですが。

ま。いっか。

引換証を受け取って颯爽と出口へ。w

イミグレーションオフィスのドアを開けてから。

そのドアを出て行くまで。

キッカリ一時間でした。













一面に春!




いいですねえ。春って。



DSC_0517.jpg




四季の中では秋が好き。

なんて言ってた自分、サヨナラ!




ルーマニア向日葵油サイコー論或いは食い止められた油切れ




昨夜。発作的に仕込んでしまった生地が。

冷蔵庫で眠っているので朝から揚げパン作ります。

ちょっと寝かせすぎたくらいなので楽に伸びるのをテキトーに。

黒糖カリン糖程度の大きさに捻り切り。

向日葵油でカラッと揚げました。




DSC_0497.jpg



油を切ったら温かいうちに。

バニラ風味の粉砂糖とシナモンをまぶして出来上がり。

どんな風に揚がったかチェックは必要だろうと言う自分と。

寝起きに揚げパンはどうなの?と言う自分が。

小競り合いの末。

やはり味見は必要だろうということで。やむを得ず食べてみることに。w

いやぁ~ん。美味しすぎる!

結果、予想に違わず朝食が揚げパン的事態に。



DSC_0496.jpg



今日は季節に合わせた小物の手入れやら入れ替えやら。

揚げ物のあとはキッチンも掃除しようっと。

ということは。揚げパン揚げたあとの油はどうするのか。

ここはもう揚げ物三昧だろうと。

根セロリ、人参、玉葱というあり合わせ野菜が刻まれて。

どっさり掻き揚げもやっちゃいまして。

なあんと。大幅に午後にズレ込んだとは言え。

遅い昼食は。朝と同じ展開で掻き揚げご飯。

いくら成り行きでも。食べちゃう自分が意外すぎですが。

きっと。ウイ子油切れ数秒前という体だったのでしょう。

それでも全然スッキリ。

もたれたり焼けたりということがないのは。

ルーマニアの向日葵油ならではでしょうね。








憩いのひととき




すごく暖かいから。

法蓮草買ってきました。

春先のホウレンソウが。見た目はゴツイけど柔らかくて旨いのです。

もうコートが要らないどころではありません。

ニット帽だって要らないなあ。

いつもの彼女は被ってたけどね。




DSC_0505.jpg




ハイ。投げキッスの君です。

散歩に行くの?って訊かれて。

買い物って応えたら。

拍手してくれて。

買い物行くのねー。うんうん。って頷いて。ハグしてくれましたねー。

初めて会った頃は。

単語単発で繰り出す余裕もなかったものねー。

進歩を認めての拍手です。



DSC_0504.jpg



近所の小さな公園にも。

あっちにもこっちにも。

何となく出て来た感じのヒトがいっぱい。

ドンドン日が伸びて。

夕方が長くなりました。

法蓮草を買う店では。カードは使いません。

小さな額をきっちりコインも混ぜて払う「教室」ですからね。

春独特の生暖かい空気が纏わりつくのさえ小気味よく。

もう目を瞑っていても歩けそうな「ご近所」を安心して歩きながら。

次の春夏秋冬に思いを回らせます。







uikoshop
プロフィール

ウイ子

Author:ウイ子
ウイ子です。


ブログは新米です。
ネット歴もないです。
文章は下手です。
常識はないです。
バカです。
調子もんです。
歳はわりととってます。
気持ちはひしゃげてます。
よろしくです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
uikoshop
uikoカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop