ビシュケクでゲストハウスに泊まるという試み



ゲストハウスに泊まる人というのは大概バックパッカーですよね。

バックパッカーと言ってもいろいろですが、場合によっては宿に泊まれないこともあるので
いざとなったらテント張ってキャンプとか、それも無理なら寝袋にくるまって風や雨を避けられるところで寝てしまう
そんな能力を携えている人も多いです。

自転車で動いている人もいます。

たまに家族連れもいて旅をしながら家族が増えていくという、なかなかな人たちもそんなに
珍しくもないそうです。

ゲストハウスの主流はドミトリーと呼ばれる雑魚寝形式で

ハウスによって性別に分かれたドミトリーもあれば、まったくいっしょくたのドミトリーもあります。

ドミトリーはこの間もちょっと書きましたけど

普通はかなりたてこんだ感じに二段ベッドが置かれています。

ベッドにカーテンとかもないです。

要するに就寝中も起きてるときも、起きてるといってもベッドに腰かけてるとかそんな感じですが

プライバシーはほぼゼロ。

この他にリビングルームみたいなキッチンで自炊した食事をしたり、PCでブログ更新したりとかする場所が
あり、満員だと水場やキッチンを使うのは要領良く交替でってことになるでしょう。

そんなゲストハウスにシングルとかダブルとかいう個室が付属しているところがあります。

さくらゲストハウスにはシングルという部屋は一つしかありません。

私は一応そこに泊まっているわけなんですが。

実際にはダブルの部屋を使わせてもらってます。オフシーズンで空いているからどうぞってことで。

他の宿泊者はドミに泊まってます。

だって、ドミだってせいぜい同室に三人くらいしか居ないんですからある意味天国ですものね。

しかし。

こんな状況ではさみしい!と思うような人のほうがゲストハウスは向いているのかも知れません。

それで、私はどうなのかというと。さみしいです・・・っていうのは嘘です。

本当によかったです。オフで。(#^.^#)

来てみるまでは状況がつかめなかったですから、ひょっとすると個室は無理とか
個室は使えるけどダブルだから誰かとシェアしてねって言われる可能性もあるかもと思っていましたし
それならそれで、そういう状況にどこまで適応できるのか試してみようと考えていました。

でもねえ。

試さないで済んで本当にありがたいと思ってます。

トランジットなんかでグサグサに疲れて、空港からも訳わからないままやっとの思いで到着して
満員のドミですぐにシャワーは使えなかったりして、しかも同室の人が高いびきとかだったら
相当つらかったなあってホッとしています。

旅慣れない、体力ない、そのうえ実は協調性ない。
三ナイな私がゲストハウスを渡り歩きながら旅していくって相当に困難かも知れないなあって
来る前より思います。

そんなわけですが。

現況は最高な状態です。

館内はほぼ貸し切りなんで食事のつかない下宿をしてるみたい。
つまり宿に泊まってるっていうより住んでるみたいな感じなんですね。生活感があるんですよ。

これね、三月だけの特典ですから。

こういう状態をお望みでしたら、草木がまだ芽吹かず、絶景と言われるオシュへのドライブは雪崩の時期なんで
無理、高地でのトレッキングもたぶんダメ、街の噴水もお休み中な三月に冬休み明け間もない
さくらゲストハウスに泊まるのを断然お勧めします。



IMG_1315.jpg


ありがとうございます。

今日も私は元気です。








スポンサーサイト

コメント

ゲストハウス

サクラゲストハウス

旦那さんが日本人の方見たいですね〜

一泊 安いんですか〜?

とか何とか、サクラゲストハウスの料金が

HPにも記載が無いので聞いて見た。。笑

それにしても、、ビシュテクの裏の裏まで

レポートがきたいできそうな?噴霧器ですね〜笑。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

uikoshop
プロフィール

ウイ子

Author:ウイ子
ウイ子です。


ブログは新米です。
ネット歴もないです。
文章は下手です。
常識はないです。
バカです。
調子もんです。
歳はわりととってます。
気持ちはひしゃげてます。
よろしくです。

只今ルーマニアはブカレストに棲息中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
uikoshop
uikoカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop