スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMSを受け取るのに必要なモノ





アパートの郵便受けに。

時々、7センチ四方位のザラ紙が入ってます。

それが郵便物到着のお知らせです。

私にも届きました。

送ってくれたと知っていたから。

毎日チェックしてたのです。

コレ私の名前っぽい。

でも名前は読めたけど後はどうするの?

グーグルで最寄り郵便局を探します。

そこじゃないかも知れないけど行ってみます。

着いて見ると郵便局は、どこも真っ赤で同じデザインなんですが。

これが不思議なくらいに目立ちません。

とにかく入って行って。

どの窓口が適切かもわからないので。

不幸にも私と目が合ってしまったヒトにザラ紙を見せて訊きます。

厚いノートを繰って。

局員が私の荷の番号を見付けると、そこに受け取りのサインをするように言われます。

それから白い封書を渡してくれました。

ここで帰ってはいけません。

実は帰ってもいいんですけど、その場でできることはやってしまいたい私としては。

その場で封筒を開け、中には説明書き、郵便物到着と税関申請のおしらせ、その申請用紙の3枚が入っているので。
(読めた訳ではなく全て独断と推測です。当然違う可能性高し。悪しからず。)

そして後の二点は、そっくりな様式ですから。

そのまま写して書き込みます。

メアドと電話番号も書き込みます。

できたら、窓口に見せると専用の封筒をくれるので、そこに宛先と自分の住所氏名を書きます。

宛先は、さっきの説明書の下段にありますが、局員に確認する方が良いでしょう。

教えてくれた局員も実は間違っちゃったらしくて。

提出した封筒の宛先の、ほとんどをホワイトで消して、こっちを見て二カッと笑ったくらいですからね。

この封筒代と送料がかかるんですが、私はほかにも送ったものがあったので明細は不明です。

でも500円分くらい持ってれば間に合います。

そうすると後ほどなんらかのお知らせが来るそうです。

そこには払うべき関税が提示されているらしいです。

その後の展開は諸説あるので、まだわかりません。

と、ここまで来れたのは。

ザラ紙に書かれている文字を解読してくれたヒト、郵便局で封筒を渡されたあとにすべきことを教えてくれたヒト。

行くべき郵便局への行き方を教えてくれたヒト等など。

周囲の助けが沢山要りました。

一応手続きができたっぽいので、安堵と一緒の帰り道。

一人では何もできない。

人間ってそういうもんでしょうけれど。

ここでは日々実感しちゃうよね~と思ったことでした。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

uikoshop
プロフィール

ウイ子

Author:ウイ子
ウイ子です。


ブログは新米です。
ネット歴もないです。
文章は下手です。
常識はないです。
バカです。
調子もんです。
歳はわりととってます。
気持ちはひしゃげてます。
よろしくです。

只今ルーマニアはブカレストに棲息中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
uikoshop
uikoカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。