歌え!ダストシュート賛歌・ダストシュートって知ってますか?





デジタル大辞泉によれば。

ダストシュートとは「高層建築にある、ごみ落とし用の縦穴の設備」だそうで。

日本では昭和30年代後半から高層オフィスビルや公団住宅などで全盛期だったようですが。

高層の加速と、ゴミ分別の「可視化」(ってどうですか?この響き)追求から、廃止の方向へ向かったらしいです。

こういった流れが一気にメジャー化したのは、このシュートに人間が入ってしまったりという事故もあった影響が大きいとする説もあります。

なんだかよくわかりませんが。

ウィキに海外では現在もよくみられるとあるように。

住んでるアパートもゴミ収集はダストシュートを使ってます。

もっと高級なアパートでも、古い建物では。

自分で扉を開け閉めして乗るクラシックなエレベータと共に健在です。

ダストシュートの設置してある小さなベランダみたいな場所は。

各階にあるので。

ゴミ捨てるのがすっごく楽!

前のアパートみたいに。

鍵を開け閉めしてやっとゴミ集積場所にたどり着いたら。

ゴミ箱が盗まれててゴミを抱えたまま立ち尽くすとかあり得ないですからね。

段ボール箱とかシュートできない大きなモノや。

瓶とか缶とかペットボトルなんかは。

シューターの脇あたりに置いておけば良いらしくて。

今でも便利なんですけど。

これから雪降ったりしたら、もっと有り難いだろうなあって思ってます。

只。

投入口がA4サイズくらいなので。

大きなモノは入りません。

膨らんだゴミ袋を無理に押し込んで。

落ちないままになってることがあるので要注意です。

今のところ。

新参者としてはウっと小さく叫んで出直すに留まっていますけど。

ベランダに放置されてる最早御用済みの箒の柄が長いので。

いずれコレを持って問題解決に当たることもあるのかも知れません。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

uikoshop
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop