薄い陶器の儚げな感触が恋しい





陶器と言ったらボーンチャイナというくらいで?

市内の店頭で。

長崎の波佐見焼のような陶器を見つけることはありません。



change 2



ちょっとランクの高めなカフェなどでは。

地続きの他の国生まれっぽい陶器のカップに出会えるけれど。

我が熱愛の儚げな感触のものはなかなかないし。

自宅でフツーに使いたいなあという私の夢は叶いません。



change1.jpg



と言いますか。

アレでなきゃコレでなきゃと。

実は拘りの多い自分を戒めていたりもするのです。

日本では簡単に手にできるモノが。

ここでは簡単じゃない。

お金とか手間暇とかをかければ。

日本同様のモノに囲まれて暮らすのは簡単でしょうけど。

だけどそれは本意じゃないからね。



change3.jpg



ここでフツーのモノを使って。

ちょっと工夫するのはもちろんオッケーだけど。

ここ+工夫=ここでの自分なりの快適な暮らし。

それが本当のところは希なんだから。

そんなちっぽけなことに拘泥してないで。

慣れようよ。自分。

陶器の感触何チャラなんて言ってちゃダメだってば。

って思ってるわけです。

なのに。朝な夕なに。

口に運んだカップの淵の感触を看過できずに居たりして。

皿とかボウル的なモノは全然オッケーなんだけどなあ、、、、、、。

ボッテチェリッシュなのが寧ろ好ましくさえあるのに。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

uikoshop
プロフィール

ウイ子

Author:ウイ子
ウイ子です。


ブログは新米です。
ネット歴もないです。
文章は下手です。
常識はないです。
バカです。
調子もんです。
歳はわりととってます。
気持ちはひしゃげてます。
よろしくです。

只今ルーマニアはブカレストに棲息中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
uikoshop
uikoカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop