豆も偉いよ!

【衝撃】10年前に作られた怪しい缶詰を食べてみた!衝撃の結末!

缶詰に入った食べ物は長期間の保存が聞くので、非常食の保存によく使われていますよね。

10年前に作られた缶詰が…


先日、記者が家の片付けをしていると、なんと押入れの中から古い缶詰が発見されました。パッケージには何のデザインも施されていない、なんとも無骨ないでたちの缶詰です。

そのフタに記された日付を見てみると、どうやら2006年3月に作られた、もしくは賞味期限を迎えた模様。いずれにせよ約10年前に作られた缶詰ということは間違いなさそうです!

まずは「まぐろ味付」の缶詰から開けてみたところ、かなりしっかり味が染みこんでそうな見た目の魚料理が現れました。周囲には美味しそうな和食の香りが。とりあえず、腐ったりはしていないようです。

まぐろ味付け.jpg

次に「ます野菜煮」の缶詰も開けてみると、まるでお弁当のようにキレイな状態で中身が詰め込まれていました。もちろん、においも正常。まさか盛り付けも整った状態になっているとは驚きです。

ますの野菜煮.jpg

美味しく食べられた!缶詰ってすごい!


味は多少劣化してしまっているのでしょうが、特に問題なくすべて食べることができました。

10年も前の缶詰なのに、普通に美味しく食べられるなんて、缶詰ってすごい!もしご家庭で賞味期限切れの缶詰が見つかったとしても、そのまま捨てたらもったいないかもしれませんよ。

執筆:Mr. Foxより抜粋

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/




缶詰って結構やるもんですね。

もともと消費期限の長い缶詰ですが
業界では、期限まで一年を切ると
通常価格での流通が難しくなるのだそうです。

そこでグッとお得価格になってますという
国産ツナ缶を2~3年前に仕入れたのをウチでもチビチビ消費中。

更に偉大なのが乾物類で。

5年前の昆布は先日作ったハリハリ漬けで使い切ってしまいましたが
前日から水に浸すなど調理に計画性と時間が要求される
大豆など豆の類は
サラリーマン生活にキュウキュウとしていた頃
敬遠続きだったこともあって
6年前くらいからの在庫がまだまだ豊富。

ゆったりした気分を味わいたいときに
小出しに炊いています。

時の経過分、水に浸すのを一般的な一晩ではなく丸一日にしたり
圧力鍋での加圧時間も多めにすることで
まったく問題なく、美味しくいただけてます。

保存食品って本当に偉いですね~。ヾ(o´∀`o)ノ







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

uikoshop
プロフィール

ウイ子

Author:ウイ子
ウイ子です。


ブログは新米です。
ネット歴もないです。
文章は下手です。
常識はないです。
バカです。
調子もんです。
歳はわりととってます。
気持ちはひしゃげてます。
よろしくです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
uikoshop
uikoカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop