いつも通りから外れないとわからないこと




今の住まいはバス便が沢山あって。

その殆どが始発あるいは準始発なのでとっても便利なんですが。

或る日のこと。

割と乗り慣れない便で市の中心地から戻ってきました。

その便の停留所が一番アパートからは近いのですが。

その停留所にはその便しか止まらないので馴染みが薄いのです。



DSC_0137.jpg



それでボンヤリしてたら降りる予定でいた停留所が過ぎてしまい。

いつもよりひとつ先で降りました。

道沿いには敷地の広い家だか事務所だかが並んでいて。

大型犬が何頭も閉ざされた門の向こうで機嫌よく遊んでいるのが見えます。

この辺り。犬の居る家がとても多いです。



DSC_0138.jpg



折しも夕暮れ時で。

リードをつけて犬を散歩させているヒトも数人が一度に視野に入るくらいに居るのでした。

連れているのは同じような大型犬だったり。

日本でいうところの座敷犬だったりいろいろです。

そういう散歩中の犬が通ると。

道沿いの敷地内の犬たちは一斉に吠え始めます。

散歩犬は引きも切らずに通るのですから。

吠え始めたら最後ずっと吠えてる感じになるわけです。



DSC_0155.jpg



ああ。こういう展開だったのね。

夕方になると犬たちの大合唱が。

30分以上にわたって続く気がしてたんですけど。

それは何故なのか。

バス停をやり過ごしてみて初めて分かったのでした。

乗り過ごしてもいいことあるじゃん。

って本気で思ってる私ってアレなんでしょうか。

ともあれ。

大型犬は他の犬を見掛けたくらいのことでは吠えないものだという「私の常識」も引っ繰り返りましたよ。

この地域に住むならお約束です。

夕方には犬たちの大合唱が付いてます。










早送り?常習です





今、ウチにはテレビモニターはありますけど。

テレビは見られるようになってません。

大家さんにテレビは見ないと言ったら。

契約から外してくれたのです。それで月額料金は随分安くなりました。


pu-ru1 (2)



テレビはわからない言語の音に慣れるのには格好の素材感がありますが。

ニュース番組はライブ放送をPCで見られるし。

結局観ないんですけども。ちょっと面白そうなオーディション番組とかそういうのも。

youtube で見られるので要らないんです。







なんでテレビ観ないのかと言うと。

昔は仕事に追われてそんな時間が全然なかったからでしたが。

今はドラマにしろバラエティーにしろなんにしろ。

自分の都合ではなくて番組放映時間に合わせて観るというのがまずダメだし。

巻き戻しも一時停止も効かないというのも全然イヤだし。

何よりテンポが緩慢で飽きちゃう。これが一番大きな理由ですね。

それでも内容が知りたい場合って。

早送りしまくってます。

そういうヒトきっと多いと思う。

そしたら最近。







落合洋一というメディアアーティスト兼大学の助教兼更にものすごくいろいろやってるというヒトが居て。

この方が早口なので。

自分の言うことが聞き取れないと良く言われる。確かに早口なんで。再生して二度聞きしてもらうといいかもと何かで仰ってましたが。

私にはジャストフィット!

論題によっては理解を超えてしまうことも屡々ですが。

わからなくても早送りの衝動が来ることはなくて。

久々になんかスッキリでした。






落とし足りないくらいがいい




身体って休みなく新陳代謝をしてるんですから。

当然休みなく垢と呼ばれるモノも作られ続けている訳ですね。

ということは。

それを完璧に垢ぬけると言うかどうか知りませんけども。

身体に垢が全くない!という状態というのは有り得ない。



suiteki3 (2)



なんて考え始めると。

どこまでが垢として身体から除外するのが適当也やという疑問が生まれてくるかと思います。

韓国で有名な垢すりなんていうのも。

毎日やったら因幡の白兎みたいになりそうな気もしますしね。

そうなんですよ。

最近。ちょっと垢抜きすぎちゃってるかなって気になってるんです。



suiteki1 (2)




垢も身の内という言い方は。

暴飲暴食を諫める腹も身の内という言い方に準じた転用だそうですが。

なかなか深いのではないでしょうか。

肉眼では見えないけれど。

皮膚には数えきれない数と種類の常在菌があって。

もちろんその中には善いのと悪いのとある訳ですが。

この常在菌の善玉菌と呼ばれる。

身体を守ってくれてる菌を大切にしていく方が。

健やかな素肌とか身体全体の健康のためにはずっと重要なんだっけ。



suiteki2 (2)




もともと皮膚に過剰な刺激を与えないように。

そぉ~っと生きていて。w

ボディーソープの類はキツイので使えないんですが。

石鹸も極力マイルドなモノにしつつ。

使う頻度も減らしていき。

身の内を増やしてみようと考え中です。





靄だから平気で居られる側面





この間話していた紙細工はうまくいったかしら?

スケッチブックと柔らかさの違う数本の鉛筆をレジに差し出すと。

画材屋さんのヒトに訊かれました。

ひょえぇ~っ…私のこと覚えてくれてたの?

覚えてますよ。払う段になったらお財布がなくって。あのときはびっくりだったわね。



DSC_0155.jpg



だけどそっくりそのまま前に立ち寄った店の棚で見つかったんだもの。本当にラッキーだったわ。

そうよ。ちゃんと気を付けてね。

もちろんあんなことはもう起こらないようにするって誓うわ。

何分この顔ですものね。その上財布紛失騒動なんかもあったし。或る意味覚えていて当然かも。

少し前に今使ってる携帯を買ったヴォーダフォンに相談があって寄ったときも。

コレあなたに売ったの僕だからね。ホラ。この書類に僕の名前が書いてあるでしょ。そのときのことを覚えてるよって言われました。



DSC_0156.jpg



私の方は全然気が付かなかったから。急いで記憶のビデオテープを巻き戻し。

ああ。5か国語は話せるんでしたよねって思いだせたんで良かったですけど。

そのあとの話の展開から。

非常に細部に至るまで覚えてることがわかってビビりましたね。

いちいち挙げていけばキリがない。

あっちでこっちで。

この顔にピンと来たら・・・的状態?

昨日行った市場でも。

あのアジアフェイスがまた来てるって感じなのかも知れないし。

既にそういう特別な注意を払う必要のない。

馴染み感のある必ずトマトを買う客って感じに昇格しているのかも知れません。



DSC_0157.jpg



でも私はボォーッとしてますからね。

自宅に隣接的なマイスーパーのいつも声をかけてくれるお客様係のヒトが。

実はファッションショーのランウェイを歩いているほうが相応しいようなルックスだってことも先日やっと気が付いてギョッとしたくらいで。

っていうか。それくらいでないとこの状況って。意外とメンドクサイのかも。

靄で良かったこともあります。

何がモヤなんだか等。意味不明感が漂ったらこちらをクリックされてください










もうすぐ完成するアパートの販売事務所に行ってみた




近所に建ってる縦にも横にも大きなアパートが。

いよいよ完成間近です。

この辺りも新築ラッシュのようですが。

ひとつの建物がこんなに大きいのは稀。

毎日のように前を通ってるんですが。

ふと。モデルルームとかないのかしらんって思いました。

マイスーパーに行く道すがらのことでした。

建物に掲げられている垂れ幕に。

URLでも書いてあったらといつになく熱心に見てみると。

建物の一角に販売事務所が設けられてるのを発見。

パンフレット的なものをくれたりするかもと入って行ってみました。



DSC_0160.jpg



日本の新築マンションの販売事務所さながらの一室を利用したオフィスに。

若い女性がふたり。

60㎡台の二部屋タイプと70㎡台の三部屋タイプがあるそうで。

間取りと金額のわかる案内図を打ち出してくれました。

8階建てなんですが既に。4~6階の殆どは売れたそう。

実際に各間取りの部屋を案内してもらいました。

自分の住んでる地域をいろんな高さから角度を変えて見られてすごく楽しかったです。

このアパートの場合。

購入時に付帯しているのはバスルームのバスタブ+シャワー+洗面台+トイレのセットと。



DSC_0165.jpg



セントラルヒーティング給湯器、それにエアコン。

だから住むためにはキッチンに好みの流し台、調理台、コンロやオーブンなどを買ってセッティングしする必要があります。

この他にカーテン、家具、家電などを揃えるようになるでしょうが。その辺は日本でマンションを買ったときと同じですね。

一緒に各部屋を見て廻っているうちに。

販売員のヒトも私もノッて来たので。

まだ未完成なんでエレベータが使えないというのに。

最上階まで三人三様にサンダル履きの足をペタペタ言わせて階段を上り。

北向き、東北向き、東南向き、北西向き、南西向きとぜ~んぶの角度から眺望を楽しんで。

折しも35度を超えた暑さの中。ヘタヘタと戻って来ました。



DSC_0161.jpg



こういうとき。

名前住所とか購入の予定などについて訊かれるのかなあという思いが過らなかったこともないのですが。

きっと何も訊かれないだろう。販売事務所に向かいながらそう確信していて。

それは大当たりでした。

因みに。

私が買うならコレだなって思った64.53㎡の4階二部屋は65500€だそうです。

ちょっと郊外なのと一棟の部屋数が多いから?更に言うなら余計な?飾りっ気がないなどの理由からでしょうか。

中心部から比べるとそして周辺の新築に比べても安いように思います。









濡れていちゃ絶対にアウト!




いろんなキスがありますよね。

西洋社会ではハグと両頬への軽いキスは。

日常的な挨拶だし。

場合によっては友人同士で唇にキスすることもありますね。

私はルーマニアに来る前から。

そういう環境下にも度々あったので。スイッチャーです。

その場の環境とか相手によって。

それは有り得ない!って感じの日本式でも勿論イケますし。

それなしでは失礼!みたいな所謂ひとつの西洋式でも違和感ありません。

で。その瞬時のキスなんですけどね。

これには一言あるんです。。

是非とも。唇が乾いていて欲しいです。是非ともです。

理由は要らないでしょうね。敢えて言えば好きずきなんで。







黄昏のビギンです。

すてきな曲ですよね。

だけど。

あなたの唇濡れていたっけ。って。・・・・。どうですか?

ダメ!ダメ!!アウトだとしか言えない。

私見です。w





ピンクオレンジな夏




今夏は(サンダル履いてるので)ペディキュアしてます。

爪切ってるときに。この足先が人目に晒されるんだと思ったら背筋が凍ったからです。

凍った割に対策はやっつけでした。

スーパーのレジに並んで会計を待っている暇以外の何物でもないその待ち時間を狙った。

弛まない販売戦略の一環として。

或いは買い忘れたモノを思い出させてくれるために。

色んな小物がレジライン脇に置いてあるのはココも同じです。



DSC_0141.jpg




スーパーで探すという考え自体が既にかなりアレですけど。

何でもいいからエナメル売ってないかなあっと思って入ったスーパーで見つからず。

やむなく並んだレジラインで目に入ったのでした。

ピンクオレンジの小瓶が。

勿論それでオッケーなんで。

この夏。私の足元はピンクオレンジになってます。



DSC_0140.jpg




昨日。乗り物の中で。座ってて。

ふと気づいたら横並びが全員女性でした。

しかも!何なの?コレ!全員足の爪がピンクオレンジ!!

ウワァ~っと冷や汗出そうになって気が付きました。

今日わたし。エスバドーリュ履いてるんだっけって。

嗚呼。ホッとしました。良かったです・・・。




好きなことしよう




何故か急に絵を描こうと思ったので。

すごく久し振りに鉛筆を取りました。

と言っても。考えたら鉛筆すら持ってなかったので。

大家さんが置きっ放しにしていった筆立てに入っている色鉛筆で代用することにしました。



mokutann1.jpg



何色でも良かったのですが。

引っ張り上げたのが茶色だったのでそれで描きます。

選んだわけではなかったけど。

描いてみたらセピアみたいで良かったです。

少し前に画材店のヒトの勧めに従って買ったゴム消しも。

使うには使うんですが色鉛筆ですからね。

落とせるとは言えないのでした。



mokutan2 (2)




全部で2~3時間。光と影を見続けてました。

それは何というか。無心な時間です。

途中で冷たいサラダを食べましたけどね。

私は誰にでも絵を描く力はあるんだと信じています。

だけどその力は大抵。発揮する機会がないままに眠ってる。

よく見て!そして見たままに描く。それだけだよ。

私の師が教えてくれたのは本当にそれだけ。そしてそれは真理。

彫刻家は構想をしっかりと決めてしまえば。

あとは素材から余分なものを取り除くだけだと言われる意味が。

一時的に。描けるんじゃないかって錯覚?した時期にちょっとわかったように感じたりしたものでした。

あの時は嬉しかったなあ。



mokutan3 (2)




もうそんなのは。とっくにどこかに消えてしまいましたけどね。

それからは。描くのはキャンバスとは限らない。

生きることは描くことと同じだ。

自分はそういう風に生きるんだから描かなくてもいい。そう思ってきたんです。

でもね。もう一度。描ける御膳立てを自分に与えてみてもいいかな。

ちょっとそう思い始めてきています。









冴えわたる戦法自画自賛




ジモティーが言います。

田舎に行ってみた?

観光地なんかむしろダメなんだよ。(コレには私も大賛成だけど)

とにかく。ブカレストから出るんだ。

でなきゃ夏のルーマニアの美しさはわからないからねっ。



mado 3



景色が素晴らしいだけじゃない。

そういう所でマンマの手料理を食べてみなきゃルーマニア料理の美味しさなんかわからないんだ。

本物の茄子のサラダ(焼きナスをベースに作る一見固めのトロロみたいなサラダ)を食べた?

アレが旨いんだよねー。

ドンドン盛り上がって行くルーマニア賛歌。

そしてそれが最高潮に達したら多分次は蚊の話。そういう決まりです。



mado1.jpg



只ねー。兎に角物凄く蚊が多いからね。それだけは気を付けて。っていうか。

刺されないってのは無理かも。

蚊が!問題なんだよねー。

本当に蚊は多い。

市内でも多いです。

だから網戸って必須だと思います。

その割に普及率が低い気がしますけど。

繰り返します。必須です。

昼は大丈夫だろうという考えはアマイです。



mado 2 (2)



だからさっき。調理中にキッチンの窓をチョットだけ開け放した私はバカでした。

あっと言う間に。雌一匹侵入。

すかさず後ろ手に居間との間のドアを閉め。

火も止めて臨戦態勢に。

集中を切らさずサーチ。

蚊が窓に近付いた瞬間に勢い良く開けて。送り出しに成功!!

コレで今夜の安眠確定です。

洗濯ネットも要りません

万歳!\(^o^)/





どうにもならないもの




もうそれは特技とでも呼ぶしかない。

毎日ガールフレンドを取り替えていた友人がいました。

私と彼とは仕事で毎日顔を合わせていたから。

と言うのも理由にならない気もしますけど。



omoide2 (2)




彼は日課のように新しいガールフレンドを私に紹介して。

毎日判で押したように同じ表情で同じ科白を吐くのでした。

どお?カワイイでしょ?

その彼は綺麗好きでもあって。

というか毎日。君が初めてウチに来た女性だよって雰囲気を醸し出す必要があるらしく。

小まめに掃除してるって言ってました。

僕は完璧に掃除するんだ。多分それは本当だったと思います。

なのに!と彼は嘆くのでした。

あんなに気合を入れて掃除してるって言うのに。

なぜいつだって彼女の目の前に他の女の子の髪の毛が出て来るんだ!

半分笑いながら。でも心から憤っているようでした。

顔を真っ赤にしてたもの。

暫くして落ち着くと決まってこう言ったのです。

髪の毛だけはホントに。どうにもならないねって。



omoide3 (2)




私は彼ほど掃除力はないかも知れないけど。

それでも一応はやるんですよ。

だけど未だに。もうここに住み始めて随分経つというのに。

ひょんなときに恐らく大家さんの。

兎に角絶対に私のではない細い栗色のカールした長い髪の毛に遭遇するんです。

そんなとき一瞬その友人のことを思い出す。

どうしてるのかなってね。

それから大家さんの華奢で印象の強い愛らしい顔が浮かんできて。

キレイなヒトで良かったなって思い。

髪の毛はゴミ箱に捨て去って。

類まれなる記録保持者だった友人のことも再び忘れ去るのです。






uikoshop
プロフィール

ウイ子

Author:ウイ子
ウイ子です。


ブログは新米です。
ネット歴もないです。
文章は下手です。
常識はないです。
バカです。
調子もんです。
歳はわりととってます。
気持ちはひしゃげてます。
よろしくです。

只今ルーマニアはブカレストに棲息中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
uikoshop
uikoカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

uikoshop
uikoshop
uikoshop
uikoshop